吉岡浩太郎『開運色紙 赤い花』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   シルクスクリーン 
額サイズ 30×27cm
絵サイズ 27×23cm
補足説明 作者直筆サイン入り 額付
状態 新品
付属品  
エディション 限定1000部
 
店頭価格 5,400円(税込)

販売価格 3,564円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
●赤い花−発展向上●
風水で「赤」は旺盛なる活力、頭のひらめき、円満などさまざまなパワーがある色とされています。
赤は朝日の昇る方位に飾ると効果が大きいとされています。

◆吉岡浩太郎(よしおか・こうたろう)(KOTARO YOSHIOKA)◆
1928年 山口県生まれる。
1967年 スクリーン版画を研究を始める
1973年 絵画研修のため渡欧
1974年 セントラル画廊でスクリーン版画個展
1992年 スクリーン版画個展
1996年 円頓寺障壁画制作
1997年以降 毎年ピクチャーショーで新作発表。各種カレンダーや雑誌(表紙)掲載
2001年 東京絵画フェスティバル出品
現在 岐阜県各務原市在住

特殊印刷の石版画の原版製作に従事、
意匠描法等その技術の習得に研鑚を積みながら絵画の道に入る。
香月泰男・高木春太郎に師事し、油絵から日本画まであらゆる技法を会得。
シルク版画の研究にも打ち込み、石版画の技術を利用した独自の複合技術を確立。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]