いわさきちひろ『母の日』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   オフセットによる複製 
額サイズ 30×27cm
絵サイズ 26×23cm
補足説明 額付
状態 新品
付属品  
エディション  
 
店頭価格 6,480円(税込)

販売価格 4,320円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
◆ いわさき ちひろ(Chihiro Iwasaki) ◆
1918 12月15日、福井県武生市に生まれ。翌年、東京に移る。
    本名、松本知弘(旧姓、岩崎)。
1933 岡田三郎助に師事、デッサン・油絵の勉強をはじめる。
1936 朱葉会女子洋画展に入選。
1937 小田周洋に師事、藤原行成流の書を習いはじめる。
1942 中谷泰に師事、再び油絵を描きはじめる。
1946 日本共産党に入党、人民新聞の記者となる。
    日本共産党宣伝部・芸術学校に入る。赤松俊子(丸木俊)に師事。
1948 新聞のカット・挿絵、絵雑誌、教科書の仕事の多く手掛ける。
1949 紙芝居「お母さんの話」を出版し、翌年、文部大臣賞を受賞。
1956 小学館児童文化賞を受賞。
1960 「あいうえおのほん」を描き、翌年、サンケイ児童出版文化賞を受賞。
1964 安泰、遠藤てるよ、久米宏一、滝平二郎、東本つね、箕田源二郎らと「童画ぐるーぷ車」を結成。
1971 「ことりのくるひ」を描き、73年、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。
1974 8月8日、肝臓ガンのため逝去、享年55歳。
    没後、『戦火のなかの子どもたち』で、ライプツィヒ国際書籍展銅賞を受賞する。

 三人姉妹の長女として生まれ、子どもをテーマにたくさんの作品を残す。
明るく淡い透明な水彩画で、赤ちゃんや子どもたちの、色々な表情を生き生きと描き続けた。
子供の発達段階を、数ヵ月の単位で、描き分けることができる観察力と表現力を有していました。

たっぷりと水分を含ませて描く、透明感のある独特の画風が印象的な作品です。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]