ラウル・デュフィ『バラ色の人生』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   ジクレー 
額サイズ 70×54cm
絵サイズ 53×39cm
補足説明 作者版上サイン入り 額付
状態 新品
付属品  
エディション 限定200部
 
店頭価格 48,600円(税込)

販売価格 32,400円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
◆ ラウル・デュフィ(Raoul Dufy) ◆
1877 6月3日、フランスのル・アーヴルで生まれる。
    早くからコーヒー輸入会社に勤務する。
1892 市立の美術学校の夜間課程に通う。
1900 ル・アーヴル市より奨学金を得てパリに出る。国立美術学校に学ぶ。
1903 アンデパンダン展に出品(〜1913年)。
1905 サロン・ドートンヌで賞賛されたマティスの作品に影響を受けフォービズムへと向かう。
1906 ベルト・ヴェイルで初めての個展、サロン・ドートンヌにも初めて出品。
1910 生活に困窮し、生活のために版画制作を行う。
    ギョーム・アポリネールと親交を結び、彼の『動物詩集』のための挿絵を木版画で制作。
1912 リヨンのビアンキーニ=フェリエ商会とデザイナー契約を結ぶ。
1919 地中海のヴァンスに滞在、木版画をやめ、リトグラフの制作をはじめる。
1921 ベルネーム=ジュンヌ画廊で個展、1932年まで定期的に展覧会を開催。
1925 モロッコへ旅行し、水彩画を制作。
1936 世界万博の電気館のパビィリオンのための巨大な装飾壁画『電気の精』の依頼を受ける。
1937 「アンデパンダン展の巨匠たち」展に34点を出品。
1950 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。
1952 ジュネーブの美術歴史博物館が最大規模の個展。ヴェネツッア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。
1953 3月23日、心臓麻痺により逝去、享年75歳。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]