山下清『長岡の花火』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   リトグラフ 
額サイズ 81×64cm
絵サイズ 59×42cm
補足説明 新品 作者落款入り
状態 新品
付属品 -
エディション 限定300部
 
店頭価格 156,600円(税込)

販売価格 62,640円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
◆山下 清(Kiyoshi Yamashita)◆
1922 3月10日、浅草に生まれる。
1925 重い消化不良にかかり、軽い言語障害・知的障害となる。
1934 千葉県の養護施設「八幡学園」に入園。
   学園教育の一つであった「貼絵(当時はちぎり絵といわれる)を始める。
1938 清の作品を中心にした作品展を開催、安井曽太郎などの画家たちから賛辞を受ける。
1940 突然姿を消し、以後約14年間日本各地を放浪するが、時折、八幡学園に戻っては、貼絵制作に没頭する。
1953 アメリカのグラフ誌「ライフ」の記者が放浪中の清を捜し始めたことにより、
   朝日新聞が彼の捜索にかかる。翌年1月に発見され、放浪生活が終わる。
1956 東京・大丸百貨店で「山下清作品展」を開催。入場者は80万人を越したといわれる。
1961 ヨーロッパ各地を旅行する。
1964 「東海道五十三次」の制作を始める。東京から京都まで約5年間の取材とスケッチ旅行が続く。
1971 7月12日、脳出血がもとで他界、享年49歳。

 日本のゴッホ、放浪の天才画家など、数多くの異名のもとに一世を風靡した山下清。
幼少時の大病がもとで軽い知的障害となり、千葉県の養護施設「八幡学園」に入園した山下清は、
そこで貼絵の制作に才能を発揮し、注目を浴びるようになりました。
しかし、18歳からの約14年間は、日本各地を放浪しては、学園に戻るという生活を繰り返し、
学園では放浪中の思い出を貼絵によって色鮮やかによみがえらせ、数々の傑作を生み出しました。

 数々の『貼絵』作品においては、単に根気と努力では片付けられない『美』の再現する
類稀なる『天性』を感じさせます。
人々の心を素直に感動させる山下清の作品こそ、私達が日常生活の中で忘れかけている心の潤いを
呼び覚ましてくれるものでしょう。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]