鶴田一郎『メモリアル・ブーケ』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   オフセットによる複製 
額サイズ 65×50cm
絵サイズ 47×36cm
補足説明 額装品
状態 新品
付属品 -
エディション -
 
店頭価格 12,960円(税込)

販売価格 8,640円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
◆ 鶴田 一郎(Ichiro Tsuruta) ◆
1954 4月13日、熊本県渡町広瀬で生まれる。
1976 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
    卒業後、すぐにフリーのイラストレーターとなり、リアルなイラストレーションを中心に、
    エディトリアル、ブックカバー、レコードジャケット、広告など多方面の仕事を手掛ける。
1980 この頃より、現在に繋がるスタイルの美人画を描きはじめ、画廊を中心に活動を開始する。
1984 アメリカで、美人画6点がアートポスターになる。
1987 ノエビア化粧品の広告に使用される。
1991 ノスタルジックジャパンと冠し、着物、ハンカチ、スカーフ、インテリア等のデザインを手掛ける。
    東芝EMI『ジャズを聴きたくて』シリーズのカバージャケットを飾る。
1993 画集『ICHIRO TSURUTA WORKS』発表。
1994 シンクロナイズドスイミング世界選手権日本代表・奥野史子のコスチュームをデザイン。
1995 カトラリーのデザインを発表。
1996 ハクビ総合学園の広告に使用される。
    テーブルウエアのデザインを手掛ける。
    阪神百貨店にて初の原画展開催。
1999 TBSドラマ「週末婚」のタイトルバックに使用される。
2000 版画作品集「鶴田一郎の世界Vo.2」を出版。
2001 パリにて個展。
2002 東京・日本橋三越にて展示会。以降2006 年まで毎年開催される。
2003 福岡・アクロス福岡にて原画展。
2005 ニューヨーク・アートエキスポに出展。以降2007年まで。
2006 上海アートフェアに出展。
2007 福岡三越ギャラリーにて「画業30年展」開催。
    久留米工業大学客員教授就任。
2008 熊本・天草ギャラリーつる田 新作原画展。
    京都・ギャラリーニュートロン 新「琳派」作品&新旧美人画の系譜展。
    広島・筆の里工房 新作原画展。
2009 京都・ジェイスピリット・ギャラリー 「花と美人画展」。
2010 京都駅ビル「The CUBE」広告に舞妓作品が使用される。以後2012年まで継続。
    京都・ちおん舎 「鶴田一郎展 -Breeze of Elegance-」。
    東京・銀座ギャラリーハウス「鶴田一郎展 -My Muse Forever-」。
    岡山・山陽新聞さん太ギャラリー「鶴田一郎 -花と美人画展-」。
2011 東京・青山アートフォーラム「鶴田一郎展 -My Muse Forever II-」。
2012 神戸・Gallery北野坂「鶴田一郎・美人画展」。
    熊本市現代美術館主催「アートパレード」審査員。
    博多阪急イベントホールにて「美人画30年の軌跡展」開催。

 人気現代画家の一人である鶴田一郎作品の魅力は、何と言ってもその描き出す女性の美しさにあるでしょう。
気品高く艶やかで、神秘的ですらあるその表情と透き通るような繊細な描写がとても印象的です。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]