ピエール・オーギュスト・ルノワール『団扇を持つ少女』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   ジクレー 
額サイズ 47×39cm
絵サイズ 30×23cm
補足説明 版上サイン入り 額装品
状態 額縁・作品も含め、良好です。
付属品 -
エディション -
 
店頭価格 41,040円(税込)

販売価格 10,800円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
【 作家略歴・解説 】
ピエール・オーギュスト・ルノワール (Pierre-Auguste Renoir)
1841 2月25日、フランスのリモージュに生まれる。
1858 陶器の絵付けや彫金の仕事を行う。
1861 シャルル・グレール運営の画塾を受講。
    そこで、モネ、シスレーらと知り合うようになる。
    翌年、国立美術学校に入学。
1864 サロンに二度目の出品で初めて入選。ピサロやセザンヌと知り合う。
1866 モネと共にバジールのアトリエで制作などを行う。
1872 モネを通じて画商のデュラン=リュエルを紹介され、作品が売れる。
    結婚、モネの家族と共にアルジャントゥイエで夏を過す。
1877 第三回印象派展に「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」などの作品を出品。
1879 「シャンパルティエ夫人と子供たち」がサロンで高い評価を得る。
1881 アルジェへの旅行の後、イタリア旅行へ。
    翌年にかけて「田舎のダンス」「都会のダンス」のを連作。
1892 「ピアノに寄る娘たち」を国家がリュクサンブール美術館のために買い上げ。
1900 レジオン・ドヌール5等勲章を授与される。
1904 サロン・ドートンヌでセザンヌと共に部屋を与えられる。
1910 ヴェネツッア国際美術展に37点の作品が展示。
1919 12月3日、逝去、享年78歳。

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]