遠山翠洋『立雛』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大         
技法   日本画 
額サイズ 109×42cm
絵サイズ 109×42cm
補足説明 表装済 高級桐箱 尺五立
状態 新品
付属品 -
エディション -
 
店頭価格 43,200円(税込)

販売価格 16,200円(税込)




 

[作品のお問い合わせ]
【作品解説・掛軸】
 ひな祭りは平安時代に「ひいな遊び」として始まり、後に女児の健やかな成長と幸せを願うお祭りとして広まりました。
桃の節句にお掛けください。雄雛は束帯、女雛は十二単を着け、雲上にあるように描くのが多いが、時代や土地によって様々である。
桃の花や白酒、菱餅を供える雛祭りは公家から武家を経て庶民層に広がったものだが、
室町時代に人形に胡粉を塗る技術が中国から入って普及した。
 微笑んだお雛様が心を和ませてくれる、桃の節句に飾っていただける掛軸です。
女のお子様が生まれたときなど、贈答用にも用いられます。

【作者略歴】
遠山 翠洋
高校卒業後世界各国へ放浪の旅に出て、外から日本文化の美しさを知る。
天性の素地を発揮して日本画創作に傾注している。
幸洋会会員

【掛け軸寸法・体裁】
■寸法  縦188cm×横62cm (尺五立)
■絵寸法 縦109cm×横42cm

■表装 三段表装・風帯付
■本紙 絹本
■軸先 陶器製
■箱  高級桐箱収納

[ HeRO Skin Ver 0.12 ]